損害賠償保険

破損求人情報に応募する家事代行サービス会社を決めるにあたっては、損害賠償保険の有無を必ずチェックしましょう。たとえば家事代行と混同されがちな家政婦は、家政婦紹介会社などの紹介で、利用者の家に行ってサービスを提供する形になります。雇用関係は利用者を紹介してくれる家政婦紹介会社などとはなく、利用者と直接的に結ぶことになります。家政婦として仕事をしている中で、利用者の家具などを壊してしまうなどの問題が発生した際には、利用者を紹介してくれた家政婦紹介会社は責任を持ってはくれません。利用者の好意で責任を問われないこともありますが、問われた場合には自分で責任を負わなければいけません。

家事代行の仕事も利用者の家でサービスを提供するという点では共通していますので、同様の問題は起こり得ます。その際、家事代行サービス会社で損害賠償保険を用意してくれていれば、万が一の家具の破損などのトラブル発生時にも、保険で対処することが可能です。大手の家事代行サービス会社であれば、損害補償の制度は完備していて心配ないと思ってしまうものですが、求人情報を見る際には損害賠償保険など損害補償制度が用意されているかチェックしましょう。求人情報に明記されていなければ質問してみることをおすすめします。